歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 HOME

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 のインフォメーション
院内の雰囲気
スタッフ紹介
カレンダー
医院概要
リンク
急募
歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 の
顎機能検査
リスク検査
お子様のおやつ
歯ぎしり検査

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 会員ページ
予約フォーム
お問い合わせ
デンタルニュース
個人情報

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 診療案内
矯正治療
歯周病治療
虫歯治療
ホワイトニング
口腔顔面筋機能療法(MFT)

 
うさぎの悩みのお話

しばらくデンタルニュースもコロナ関連のお話が続いていましたが、今回は久しぶりに動物の 歯のお話です
動物にとって歯は食べるため、生きるためにとても大切な器官です
その歯の悩みが尽きない動物がいます
それはうさぎです
以前にデンタルニュースでお話しましたが、うさぎの歯は硬い植物を食べても磨り減ってしまわ ないように、前歯も奥歯(臼歯)も一生伸び続けます
逆に柔らかいものばかり食べていると歯が削れずに伸びすぎて、頬の粘膜や舌を傷つけてしまい ます
硬い植物をかじる野生のうさぎと違って飼いうさぎは人が与えたものだけを食べるので、歯の磨 り減りがあまりなく歯が伸び続けてしまうことで不正咬合を起こしやすくなります
実際、動物病院を受診するうさぎの受診理由1位は不正咬合による体調不良だそうです
不正咬合で受診したうさぎの治療法は咬み合わせを調整するため歯を削るしかありません
しかし先にもお話ししたようにうさぎの歯は一生伸び続けるので、咬み合わせを調整はもちろん 1回で終わる訳ではありません
かといって歯を磨り減らせるようにと餌を変えても餌を食べなくなってしまいます
なんでもうさぎは警戒心が強く餌が変わるとなかなか食べないそうです
やはり食べる物、歯、咬み合わせの関係は動物全てに共通するようですね
幸い人間は丈夫な歯だけではなく、しっかりした歯の根(歯根)としっかりした骨があります
歯の大きさや顎のスペース、食べ物や食べ方、習癖から不正咬合を起こしてしまったとしても 矯正治療で歯を動かして不正咬合を治療することができます
矯正治療の方法も様々で
*ワイヤーとブラケットを使った一般的な矯正治療方法、
*マウスピース型の治療法(インビザライン)、
*小児の頃から歯と口と顔の成長に合わせて調和をとる治療法(ランパ)など いろんな方法があります
歯の並びや咬み合わせで気になることがある方はスタッフまでお気軽にご相談ください
めぐみ歯科のインスタグラムでも矯正治療についてご紹介していますので興味のある方は是非 ご覧くださいね

☆インスタグラムは #めぐみ歯科 で検索できます☆

大阪府守口市 女性スタッフ 医療法人 恵富会 めぐみ歯科