歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 HOME

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 のインフォメーション
院内の雰囲気
スタッフ紹介
カレンダー
医院概要
リンク
採用情報
歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 の
顎機能検査
リスク検査
お子様のおやつ
歯ぎしり検査

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 会員ページ
予約フォーム
お問い合わせ
デンタルニュース
個人情報

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 診療案内
矯正治療
歯周病治療
虫歯治療
ホワイトニング
口腔顔面筋機能療法(MFT)

 
オーラルフレイルを知っていますか?のお話

コロナワクチン接種が進み少しずつ外出される方が増えてきましたが、いざ外出しようとすると なかなか体が動かないというお話をよく耳にします。
普段からの適度な運動が健康には欠かせないということですね。
体力、気力共に若い方、健康な方はすぐに行動できますが、自粛期間中に体力も気力もめっきり 落ちてしまったという方は注意が必要です。
特に高齢の方、お一人で過ごされることが多い方はこうした体力や気力の衰えに気がつかない方 が多いようです。
こうした体力や気力の衰えを「フレイル」と言いますがこのフレイルが進むとやがて要介護状態 に繋がっていくと言われています。
少しずつ日々の日課や趣味、人との関わりなどを楽しめるようになるといいですね。

実はこのような衰え=「フレイル」はお口でも起こり得るのですがこれをお口の衰え=「オーラ ルフレイル」と言います。
例えばお口が渇いて唾が出にくい、食べこぼすようになった、よくむせるようになった、話す時 に頬や唇をよく咬むようになった等…
咬む、飲み込む、話すことで以前と何だか違う?と思ったらそれはオーラルフレイルの始まりか も知れません。

身体的な衰えはいずれ誰にでも訪れるものですが、長く健康に過ごすためにはフレイルやオーラ ルフレイルに対する対応を知っておくことが大切です。
年齢が年齢だから仕方がない、入れ歯だから仕方がないと言われる方もいらっしゃいますが、 オーラルフレイルの予防を知っておくとこうした症状を緩和できることもあります。
ここで簡単にオーラルフレイルに対する予防法をいくつかご紹介しますね。

まず一つは唾液腺マッサージです
高齢になるにつれ唾液が出にくくなりますが、入浴中や食事前などに習慣的に唾液腺の マッサージを行うと唾液腺が刺激されお口が潤いやすくなります。
入れ歯をいれていらっしゃる方には特にお勧めです。
両手の親指で顎の下のくぼみをゆっくりと押してみましょう。じわっと唾液が出てくる感じが するはずです。
10秒ずつ3回ほど繰り返してみましょう
よくむせるという方は食事時にゆっくり咬んで飲み込むことと、食事時の姿勢などを意識して みましょう
飲み込む時に気管に食べ物が入らないように蓋をしてくれる喉頭蓋という部分があるのですが、 年齢とともにこの部分の反射が鈍くなってきます。
そのため早食いの癖がある方は反射のスピードと飲み込みのスピードに差が出てしまいむせ やすくなります。
飲み込む時は「ゴックン」と「飲み込んだ」事に意識を向けるだけで大分違ってきます。

姿勢は膝を直角に曲げて足裏をしっかり床に着けることで体が安定し飲み込む力も強くなります 。
顎 は上がらないように気をつけて引き気味にしましょう。
このちょっとした工夫だけでぐんと飲み込みやすくなりますよ。

姿勢はつい癖になってしまって自分ではもちろんご家族でも気がつかない方が多いので、見直し てみましょう。

食べる、飲み込む、話すことは生活する上でとても大切なことです。

めぐみ歯科では歯の治療だけではなく、食べられる、飲み込める、話せるためのお手伝いをさせ て頂いています。
お口に関するお悩みがありましたらささいなことでも是非ご相談くださいね。

大阪府守口市 女性スタッフ 医療法人 恵富会 めぐみ歯科