歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 HOME

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 のインフォメーション
院内の雰囲気
スタッフ紹介
カレンダー
医院概要
リンク
急募
歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 の
顎機能検査
リスク検査
お子様のおやつ
歯ぎしり検査

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 会員ページ
予約フォーム
お問い合わせ
デンタルニュース
個人情報

歯科 守口市 女性スタッフ 非抜歯矯正 小児歯科 めぐみ歯科 診療案内
矯正治療
歯周病治療
虫歯治療
ホワイトニング
口腔顔面筋機能療法(MFT)

 
姿勢のお話

今年はコロナの影響で夏休みもお盆休みも家で過ごす方が多かったようですね
外出を控えるだけではなく、リモートワークやオンライン授業が増えた影響か 「視力が落ちた」「体力が落ちた」「運動不足」という話をよく耳にします
運動不足解消にご自宅でできる運動で人気なのは「ヨガ」や「筋トレ」だそうですよ
ヨガも筋トレも姿勢や体幹を正すこと、呼吸を整えることをとても重要視します
どのトレーニングを見ても共通しているのは、背骨の立て方、首の位置、頭の位置、肩や顎の 引き方などを正し、呼吸の通り道を作ってあげることが大事だそうです
猫背、首が前に出ている、肩や顎が常に上がっている等の姿勢では呼吸が深くできません
実はこの「姿勢や体幹を正し呼吸の通り道を作ること」はヨガや筋トレだけではなくお口の 健康を作るためにもとっても大切です
特に成長期のお子様にとっては姿勢が悪い場合、体癖(たいへき)といって体にその姿勢が 癖づいてしまって、頭位が傾斜しストレートネックになり骨が下に引っ張られて、呼吸の通 り道を作りにくくしてしまいます。
呼吸の通り道を作れないと無意識に口で大きく呼吸をすることになり、鼻の機能が低下したり、 風邪をひきやすくなったり、いびきをかきやすくなったりします
口で呼吸すると唇や舌の筋肉がゆるみがちになり、舌の癖を誘発することにつながります
このように姿勢と呼吸、お口、鼻の機能は相互関係にあるので、意識してバランスよく鍛える 必要があります
お家で運動する時は是非呼吸の通り道をイメージしながらストレッチしてみましょう まためぐみ歯科では体癖や舌の癖を正すための矯正治療やトレーニングを行っています

大阪府守口市 女性スタッフ 医療法人 恵富会 めぐみ歯科